BLOG

2019.09.14

挫折することがあっても、、、

みなさま
おはようございます。
ステンレス、難削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。
今日は土曜日。
製造業はもの作って、稼働してなんぼの商売です。
中々休みを増やしにくい業界です。
今年度より年間休日105日にしたんですが、まだまだいろいろ活動していかなければ時流には乗れません。
道は険しいですが、一歩一歩進んで参ります。
さて、弊社もその活動として、まずは3S(整理・整頓・清掃)活動を2006年度より実施し、会社の環境、仕組み、社員さんの心が導入前に比べ、非常に良くなってきました。
ですが、従事する若手社員と、新たに入社してきてくれる若手社員の教育にと、社内木鶏会を導入して、2年半になります。
web版の致知紹介記事に下記内容が紹介されていました。

確かに、社内木鶏会の導入には社員の反発など、様々な困難があります。
しかし私がそれに負けず一歩踏み出せたのは、会社・社員をよくしたい、幸せにしたいという思い、覚悟があったからに他なりません。
覚悟を持って一歩を踏み出せば必ず会社、社員はよくなる、喜びが待っている、というのが私の実感です。

まさに共感させていただきます。
我々ものづくり業界は、かつてから所謂ブルーカラーとよばれる業界で、ダーティーなイメージバリバリでした。
しかしながら最近の仕事の内容と、実際に従事してくれている社員さんを見ていますと、ホワイトカラーと言い切れるようになってきた感があります。
知識が必要になってきており、絶えず前向きに勉強していかねばなりません。
そんなときによく挫折します。
致知でご紹介されていらっしゃいます記事には、想像もつかないような挫折を経験されたばかりで、、、
こんなんじゃ、もっと頑張らねばいけないと感じさせられることも非常に多いです。

働き方改革という時流は、我々経営者にとっては外すことができない試練であり、チャンスです。
この流れに乗っかり、うまく社員さんの心にイノベーションを起こすように変革できれば、明るい未来が来ると信じております。

アーカイブ

↑ page top