BLOG
2020.03.17

採用ページ 社長メッセージを追加しました。

みなさま
おはようございます。
ステンレス、難削材の精密旋盤加工 精密旋盤・薄肉旋盤加工.COM 中川鉄工 中川ひろしでございます。
病欠で2名ダウンしておりましたが、今日から復帰です。
コロナやインフルエンザではなかったとのこと。
ヒヤリもんです。
さて、引き続き製造職で求人募集を行っております。
弊社の事業内容、思い描く未来像について、コメントを追加掲載いたしました。
採用情報はこちら

おなじ掲載内容を下記にもお知らせいたします。

社長メッセージ

事業内容
当社は、まごころを込めた職人の手によるものづくりで、高品質かつ付加価値の高い商品を提供し、大阪から「ものづくり立国 NIPPON」を支えたいと思っています。
また、社員に対しても、心を磨く教育で、努力が報われる喜びを教えたいと考えています。
大阪はかつて「天下の台所」と言われるほどの経済圏でしたが、今はものづくり企業がどんどん東京に進出し、同業者も減ってしまいました。
しかし、かつての大阪のものづくりを支えた職人の技術はまだ、当社の様な企業には十分に残っています。当社ではその技術継承をしながら、大阪に活気を取り戻す手助けがしたいのです。
そのためには、職人をちゃんと育てていかなければなりません。
とはいえ最近は、人間同士の関係が希薄で、心が折れやすい若者が増えています。
挫折から立ち直る経験は人を成長させるもの。
高品質の商品を提供するスキルを身につけてもらうためにも、そうした経験ができる環境を整えてあげたいと思っています。
「あいさつ」や「脱いだ靴を揃える」といった、当社が創業から守り続けてきた日本の古き良き伝統も伝えていきたい。
それも、心を磨くことにつながるはずです。

当社の未来について
金属加工職人のイメージアップを目指しています。
伝統工芸などに比べて、金属加工は職人の評価が低いと言えます。
しかし、この仕事は社会インフラを支える素晴らしい仕事だと自負しており、そのイメージを底上げしたいのです。
かつてはブルーワーカーの仕事でしたが、今はホワイトワーカーの仕事に変わってきました。
先端のテクノロジーを活用できるセンスが求められ、CAD、CAMなどコンピューターを駆使する仕事が増えてきています。
かつての油まみれのイメージはなく、女性エンジニアの活躍もみられるようになっています。
当社では多様な人材が活躍いただける様、社内環境の整備も進め、職場がきれいだと評価されることが多くなってきました。
その結果、新規受注につながることもあります。
今後も整理整頓を徹底して、男性も女性もさらに働きやすい職場にしていきます。
金属加工はどうしても環境的にハードだと言われます。でも私は、だからこそ心が磨かれ、人間的に成長できると思っています。
社歌の歌詞に「先輩たちの背中が語る確かな技術を受け継いで、新しさと若さで未来をつくろう」というフレーズがありますが、そのようにして大阪の活性化に貢献していきたいですね。

想いに共感いただけますみなさま
是非ご応募お待ち申し上げております。

↑ page top