BLOG
2019.12.11

ご縁がご縁を、、、

みなさま
こんばんは
ステンレス、難削材の精密旋盤加工 精密旋盤・薄肉旋盤加工.COM の中川鉄工 中川ひろしでございます。
本日ご縁からのご縁を感じる日でございました。
紹介いただいてつなげていただいた方は、また違うご縁の方とおつながりがあり、、、
世の中ほんまに狭いです。
信頼・信用の上に成り立っていると思います。
誠実、勤勉、正直でないといけないと思っておりまっす。
明日は先月講義した内容に基づく日本的経営についてのグループ討議後の発表が、母校でございます。
私の考える日本的経営について、最後にまとめをと思っております。
今日つなげていただいてお越しくださいました社長様も、事業を継続していくために数多くの挫折を経験し、今確固たる自信をお持ちになり、新たなビジネスモデルを構築され奮闘されています。
三方よしの考えをお持ちだと思います。
横文字でマネジメントという文言が飛び交う時代ですが、日本での事業の継続には、その底には純日本的経営的な感覚がベースにあってのことだと思います。
混沌とした時代ですが、先人から継承してきました習慣、文化や、会社を次世代に継承していくべく、奮闘されている経営者があちらこちらにたくさんいらっしゃいます。
今大阪の有名な姉御が、ベンチャー型事業承継という新たな経営手法を言われています。
今の時代に合ったやり方で、事業を承継していく手法です。

その姉御 千年治商店の会社のサイトから抜粋

【ベンチャー型事業承継とは】
若手後継者が、家業が持つ、有形無形の経営資源を最大限に活用し、リスクや障壁に果敢に立ち向かいながら、新規事業、業態転換、新市場開拓など、新たな領域に挑戦し続けることで永続的経営をめざし、社会に新たな価値を生み出すこと。
「事業承継」という言葉が持つ受け身のイメージを払しょくし、夢や野心をもって能動的に家業を継ぐ若い後継者の挑戦を意味する言葉として、新たに定義しました。新しいジャンルとして日本に確立させるべく、千年治商店ではさまざまな取り組みを行っています。

そのベースには、祖父や父母から受け継いできた、外せない価値観があると思います。
明日うまく話せるかどうかわかりませんが、きちんと学生さんと向かい合って来ようと思います。
ベンチャースピリットを持った、事業経営者を私自身も目指してまいります。

↑ page top