BLOG
2021.10.12

材料による不適合

みなさま

こんばんは

ステンレス、難削材の精密旋盤加工 特注金属シール部品製造.COM 中川鉄工 中川ひろしでございます。

今日は久しぶりの材料による不適合が出ました。

外径の寸法公差についてです。

チタン材に関してなのですが、某メーカーさんはカタログに外径公差として、+3.0/0と記載されています。

ですので、仕上り径を考慮した際に、オーバーサイズで注文する必要がございません。

しかしながら、今回は他メーカーでのチタン材を購入しました。

今までにも同じメーカーの同じサイズの材料を購入したことがあり、その際にはうまく仕上り寸法以上の材料が入荷しておりました。

メーカーのサイトを見に行っても、外径公差の記載がなく、JISに照らし合わせた寸法公差とのことでした。

その寸法公差は±1.8%。

-1.8%の寸法割れは、図面の仕上げ寸法を満足できませんでした。

全てが値上がりしている中で、今回の事象は、我々製造側からすると、非常に厳しい状況でございました。

日本の高炉メーカーの再編がかなりのピッチで進んでいるようです。

同業者さんが口を揃えて言われるのは、、、

材料の値上げが半端ない。そして、材料がない。

このコロナや業界の再編で、様々な事象が変化しております。

我々も変えていくところは変えていかねば、、、

今回の事象は、材料寸法のオーバーサイズしか方法はなく、お客様にご負担を強いることになってしまいます。

うーんですね?

 

 

↑ page top