BLOG
2019.11.21

第33回 社内木鶏会

みなさま
こんにちは
ステンレス、難削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。
今日は寒暖差のせいか、朝からくしゃみと鼻水がじゅるじゅるで、思考回路が麻痺しており、結構つらい状況です。
気は付けてはいるのですが、この季節の変わり目はいつも苦労します。
みなさまもご自愛くださいませ。
さて、本日の午後一番から、毎月第三木曜日に定例化しております、人間学を学ぶ雑誌致知を用いた勉強会、社内木鶏会でした。
回を重ねること33回、今回のテーマは語らざれば愁いなきに似たりです。
難しく、そして非常に重いテーマでございました。
しかしながらみんな前向きに取り組んでくれていました。
課題記事の中に、母親の介護のことが書かれていました。
私自身も思い起こせば丁度9年前に母親の介護をした経験があり、、、
その時の状況が頭をよぎり、読んでいて目頭が熱くなることがありました。
一番近い家族が健康でいることは当たり前なんですが、そしてそのこと自体が一番幸せなことなのですが、
家族で病人が出るとはじめて世の中こんなにもたくさん病人の方がいらっしゃるのだなあって気付きます。
みなさまもご家族の健康に是非ともご留意くださいね。
この木鶏会が近づいてきますと、みんな早くに仕事を終えて、読書と感想に時間を割いてくれます。
本当はもっと時間に余裕をもって、早めに読書して、感想文も書いてくれれば良いのですが、中々そうもいきません。
でもみんなの感想文が、回を重ねるごとに結構感じたことを率直に表現してくれているようになってきました。
色々変わって来ていることを感じますので、この会は続けていきます。
そして今日また嬉しいことがございました。
ふらっと以前いていただきました事務員さんが、立ち寄ってくれました。
色々気にかけていただき、ほんまにありがたいことですね。
こういう企業風土を作りたかったんです。
ほんまに嬉しいことですね。

アーカイブ

↑ page top