BLOG
2019.08.23

やっぱり頑張られていますね?

みなさま
こんばんは
ステンレス、灘削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。
昨日、今日と東京での経営者セミナーに参加しておりました。
激動の令和時代。
時流がごろっと変わっていく感がございます。
うまく流れに乗るためには、、、
やっぱり経営者は今までと同じく、いや今まで以上に頑張る以外にはないですね?
昨日ジャパネットタカタの高田社長さんの講演がありました。
あのカリスマ前社長の後を引き継がれ、今や現社長さんの路線を全面的に出されて右肩上がりに売り上げを伸ばされています。
その経営理念については、前社長様の価値観を引き継がれ、ご自分なりの解釈をもって、うまく経営されています。
仕事もいらない仕事を捨てることだという言葉は、この先働き方改革という激しい波にうまく乗っかっていくには、すごく重要なことだと思います。
弊社は会社の活動の中で3S活動につきましては2006年より継続して行っております。
整理、整頓、清掃の中の整理。
まず要るものと要らないものに分けて、要らないものを捨てる作業が、今後ものすごく仕事の内容においても重要になってくると思います。
多分この先、このような流れを遂行しようとしますと、より幅の狭い、ニッチな仕事に、より特化していく必要があるように思います。
弊社は数年前より、ステンレス、灘削材の精密旋盤加工という狭いニッチな業界向けへの営業に特化してきております。
最近はそれ以外の素材や形状につきましては、折角の案件ではございますが、お断りさせていただくことも多くなってきました。
そうなりますと、活躍できます業界フィールドはより狭くなるように思われますが、お客様とwin winで継続お取引いただく上では、仕方のないことのように思います。
今、経営者は的を得た戦略をもって、間違えることなく戦略的に投資し、うまく時流に乗らねばなりません。
そのためには、現ジャパネットタカタの高田社長と同様、勉強し続けねばと感じた日でございました。

↑ page top