BLOG
2019.08.20

win winの関係

みなさま
こんばんは
ステンレス、灘削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。
本日お客様の新しいご担当の方がご挨拶にお越しになられました。
色々世間話の中で、仕入先様とのコミュニケーションを言われていました。
あまりお願いする機会もないので、逆に仕入先さんのお顔を拝見し、情報交換をさせていただきながら、お互いwin winの関係を構築させていただきたいとおっしゃっていました。
弊社の営業基本スタンスは大手企業様でない、グローバルニッチトップな中企業様との信頼関係を構築することです。
先日静岡は湖西市にはあのトヨタグループの創始者の豊田佐吉さんの生誕地に行ってきました。
嫁さんの実家も湖西市にあり、記念館へはすごく近い距離に位置します。
訪問しようとしましたが、生憎休館日でした。
義理の兄さんから今もなおお盆の期間は、豊田一族の方々がこの本家に会し、ご先祖様を偲んでおられるようです。
その世界のトヨタさんも現社長が終身雇用は無理だって言われていました。
今これだけグローバルな視野でマネジメントしようとしますと、組織が大きすぎますと、フレキシブルに対応できません。
私の考えですが、今まさしく中小企業の出番ではないかと思います。
その豊田佐吉さんも静岡は湖西の片田舎から、零細企業からの出発でした。
創業者の気持ちになることは、会社を継承するうえで、すごく大事なことだと思います。
ステークホルダーの中で、お客様とのwin winはもちろん大事ですが、社員さんとのwin winができるには、本当に難しい時代になりました。
今だからこそ、ももたろうではないですが、経営者が掲げる錦の御旗が非常に大事に思います。

↑ page top