BLOG
2019.05.30

なんでもありますね?

みなさま
こんばんは
ステンレス、難削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。
ホームページでの取り扱い製品のご紹介用に写真を撮っているのですが、たまたまふと思ってネットで写真背景に使う箱を購入しました。
そこに置いてi-phoneで撮影した写真です。
いかがですかね?
素人でもこの程度は簡単に撮れてしまいます。
ちなみにこの製品はプラント業界向けの精密加工品です。
φ250×60 SUS316 削りだし加工品です。
内径部のコンタリングの部分と、旋盤加工との同軸、真円度の要求が厳しい製品です。
ステンレスは基本ひずみやすい製品です。
勿論外観も厳しく要求されます。
単品の対応で、毎回いかにして最適な手順で生産計画を立てていくかが、ある意味ノウハウです。
工程を間違って流しますと、最終検査時に精度要求に見合う検査データが出せません。
長年の信頼と実績。そして社員の仕事に対する前向きさがあってのことだと思います。
今後、弊社での取り扱い製品の写真の順次ご紹介をさせていただこうと思います。

↑ page top