BLOG

2019.02.27

情という課題

みなさま

おはようございます。

ステンレス、難削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。

先日会計監査でご紹介いただきましたお話です。

経営合理化協会の記事に出ていた内容だそうです。

情について書いています。

その中でのはっとした文面をご紹介させていただきます。

以下抜粋

父親というのはいつも一言足りないものだ。その足りない一言を付け加えるのは息子の仕事だ。それが親子の上手な情というものだ。

兄弟でも、姉妹でも、同じ教育を受けても、同じ食事を食べて育っても、育ち方はひとによって違う。精一杯の善意をかけても伝わらないこともある。知識の教育よりも、まず何よりも重要なのは情の教育なのだ。

情とはすべてを超えるものである。

以上

と記されていました。

今も父が健在で、息子の立場でもあり、息子ができ、父の立場でもあります。

情の教育。

私はまだまだ自分の後ろ姿を見せる必要があるように思います。

アーカイブ

↑ page top