BLOG
2015.10.29

若手社員の定着について

 みなさま
おはようございます。
昨日ある行政担当者さんよりある投げかけをいただきました。
”今度訪問されます企業さんの若手の定着率が非常に悪い。”
”中川さんは何かされていますか?”
という投げかけです。
昨日その場でお返ししたのですが、やっぱり聞いてみようと朝礼で全員に聞いてみました。
出てきた内容です。
・深く考えていない。
・ご縁があったのでしょう?
・歴代の社長が優しい?基本的なスタンスが同じ。
・私の性格と会社が合う。
・いろいろやさしく聞いてくれる。
・仕事が面白い。
・いろいろ話をしてくれる。
              etc
私自身ももっと理由があるのかなあって思いましたが、こんな簡単な理由でした。
今弊社が進めているのは、同じ価値観を持って企業活動を継続してくれる意思を持った社員です。
そのためには、お客様目線が非常に大事です。
単なる押しつけじゃなく、そのためには投資や援助はするというスタンスで、結構腹割っての議論を行います。
お客様目線も正直、win winの関係が構築できることを前提としての目線です。
その過程が信頼につながり、長年弊社に定着してくれているのではないかと思います。
私どもの仕事は、特にNC旋盤加工や、汎用旋盤加工は技術が進歩しても、下積みの生活が結構いります。
仕事に行き詰った際に、厳しく(もちろん優しさの入った)接し方が大事なのですかね?

↑ page top