BLOG

2019.03.09

お客様との交流

みなさま

おはようございます。

ステンレス、難削材の精密旋盤加工 中川鉄工 中川ひろしでございます。

先日若手社員の一人より、社長話があるんですが、、、と呼び止められました。

普通の社員であれば何かあったんかな?と思うのですが、彼の場合は今までにも相談事が多かったんです。

今までの多数回、社長、話があるんですで呼び止められたことがございます。

彼は悩んでるのですが、私は、そんなことで悩んでたんか?っていうことがございました。

今回も同じような内容だと思い、かるーい気持ちで聞いてみたら、、、

社長 お客さまのどこでも結構なんで、一度工場見学受け入れてもらえるようにお願いしてみてくれませんか?

図面に100パーセント忠実にが、我々の業界の顧客満足は理解しています。

最近のお客様の設計ご担当の方の図面の急所については、ある程度基準となるデータム箇所や、それにまつわる幾何公差で抑えるべきところは理解できて来たのですが、その先となりますと、実際にお客様の製品を見せていただき、機能面でここが大事だとか、外観でここは大事だとかそういった質問をさせていただきたいです。

って感じで、今回は私自身もおっと感じる内容が、返ってきました。

早速メインのお客様にお問い合わせし、逆にうちの方も今までに前例がないんで、各部署のものにも出席させるんで、大いに交流しましょう。という非常にありがたいお言葉をいただきました。

我々の扱う精密機械部品は、実際にどういう形で最終エンドユーザー様に貢献できているかを理解するのは難しいことなんです。

社員も実際こういうところに組み込まれ、こういった業界のお客様に使用いただいていると再認識することで、仕事に対するモチベーションも向上すると思われます。

このところ、若手の社員たちの成長を、少しずつではございますが、感じる日々を過ごすことができております。

経営者にとっては、非常にうれしいことでございます。

彼らの成長が、今後10年、20年、30年、、、

そして2回目の100年を迎える際に礎になってくれることでしょう。

期待してますよ。

アーカイブ

↑ page top